有原王国’s

日ハムを応援するブログ。来たれ、日本ハム黄金時代!

有原王国‘s的日ハム選手名鑑2020 野手編

 

皆さん、こんにちは。

 

オールスター、フレッシュオールスターの中止が決まってしまいましたね。

1年に1度の夢の祭典ですので、非常に残念です。去年、仙台でフレッシュオールスターを生観戦し、楽しさを肌で感じてきただけに、より残念な気持ちです。

 

2年連続選出されながら怪我で出場が叶っていなかった大田選手のオールスター出場がまた潰えてしまいました…

大田選手なら来年、必ずやってくれると信じています。

 

今回は ”日ハムの選手をあまり知らないよという人もこれを見たらすぐわかる” というコンセプトで選手名鑑チックに日ハム選手たちを紹介していきたいと思います。

もう日ハム選手はマスターしてるって方も改めて選手を見るいい機会にしていただけたらと。

 

それでは、どうぞ。

 

f:id:AriharaOkoku:20200516144855j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

#7  西川 遥輝 

 

”北のスピードスター”の代名詞通り、フィールド内を鮮やかに駆け回る、日ハムが誇る不動のリードオフマン

2020年、新キャプテンに任命され、ついにチームを引っ張る存在になった。

観客から傘を借りて、雨宿りする姿を見せるなど、プレー以外のパフォーマンスにも注目だ。

 

    f:id:AriharaOkoku:20200513213418j:plain

 

 

#5  大田 泰示

 

巨人から日ハムに移籍し、日ハムで開花。

豪快なスイングと、ヘルメットを脱いだ後に見せるサラサラヘアーをかきあげる仕草に注目。

ファンの間では西川を走者に置くときは絶対に西川をホームに返すと有名。

外側のスライダーに手を出すときは不調であり、注意が必要。

 

             f:id:AriharaOkoku:20200516151054j:plain

 

 

#8  近藤 健介

 

右へ左へ打球をはじき返し、毎年、高打率をマークする姿からよくニュースなどでは

”今、4割に一番近い男” と評される。

技術の高さから、後輩などによくアドバイスを求められるようで、オフの自主トレでは多くの後輩を引き連れ、徳之島で近藤塾が開催される。

大田同様、不調時のサインがあり、二ゴロが増えると危ない。

 

               f:id:AriharaOkoku:20200516161311j:plain

 

 

#3  王 柏融

 

台湾の英雄。圧倒的な成績を台湾で残し、万全な状態で来日するも、1年目の昨季は怪我などもあり悔しいシーズンを送った。

台湾時代よりも打球の弾道が上がらずゴロが多かったが、小笠原コーチの指導で豪快なスイングを取り戻しつつある。

正直、あまり上手いように見えない外野守備も、指標としては悪くない数字を残しており、走攻守で2年目の飛躍に期待したい選手。

 

f:id:AriharaOkoku:20200516162706j:plain

 

 

#21  清宮 幸太郎

 

7球団競合の末に日ハムに入団した未来のスター。大器の片鱗はすでに見せており、あとは一気に開花するのみ。

怪我の多い選手で怪我のないシーズンを送りたい選手の一人であり、怪我さえなければある程度の成績は残せると言われている。

かなりマイペースの持ち主で様々な場面でおちゃめな様子も見せてくれる。

体が柔らかく、1塁守備での180度開脚キャッチにも注目。

 

f:id:AriharaOkoku:20200516164403j:plain

 

 

#6  中田 翔

 

日ハムの大将といえばこの人。4番に座るが、ホームランを量産するというよりは、打点を多く稼ぐ打者であり、勝負どころでは頼りになる一方、ポップフライや併殺での凡退も多々あり、見る側は忍耐力も必要。

いかつい見た目とは裏腹に優しい一面もあり、SNSには実家に後輩を集めてホームパーティーをする写真がよく投稿される。

影響力のある人柄であり、日ハムの看板選手であることは間違いない。

 

f:id:AriharaOkoku:20200516171540j:plain

 

 

#23  渡邉 諒

 

ドラフト1位で入団し、期待されながら1軍で成績を残すことがなかなかできなかったが、去年、初めて規定打席に到達し、二桁本塁打も記録するなどようやく開花。

個人的には、自身の登場曲であるGreeeenの”pride”の歌詞が、大器晩成でようやく開花した渡邉にマッチしていて好き。

実は、渡邉の応援歌もこの”pride”の歌詞から引っ張ってきて作られている。

去年、引退したベテラン田中賢介の背中を必死に追う姿に注目。

 

f:id:AriharaOkoku:20200516173725j:plain

 

 

#9  中島 卓也 

 

ショートの守備は安定しており、鉄壁。ファールを量産するカット打法で粘り、「ねば~る君」の異名をとるが、最近は鳴りを潜めており、守備での活躍に目が行きがち。

盗塁の数も打率と比例しており、打撃の調子を上げることが鍵。

日ハムの誇るイケメンの一人であり、彼氏にしたい選手権では毎年、上位に入り、西川と1位を争っている。

3年契約を結んだだけに大いに期待したい。

 

f:id:AriharaOkoku:20200516174836j:plain

 

 

 

野球のやっていない、こんな時だからこそ選手の情報を改めて更新していくのも楽しいですね。

 

選手を紹介していくと余計に野球が見たくなりました。(笑)

 

 

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

P.S 渡邉選手の応援歌の話をしましたが、応援歌に注目するとけっこうおもしろい仕掛けがあって面白いですよ。 松本剛選手とか。