有原王国’s

日ハムを応援するブログ。来たれ、日本ハム黄金時代!

2020年 春季キャンプ 第2クールまとめ

 

あったかそうな沖縄とは違い、寒い北海道ですが、今日も元気に書いていきましょう。

 

第2クールが昨日、終わりました!

後半の2日は今年初の実戦も行われ、選手たちは充実した日々を過ごしていると思います。

 

今回も、実戦を振り返りつつ、ニュースを3段階に分けてみました。

 

 

 

それでは、どうぞ。

 

f:id:AriharaOkoku:20200209111535j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈6日目〉

 

A 栗山監督の「過ぎ去ったことはいい。今日一日を一生懸命に生きられれば」という言葉で第2クールスタート。

 

A 休養もトレーニングに当てた、優良助っ人バーへイゲン2度目のブルペン。他球団のスカウト(オリックス楽天)もうならせるなど上々の48球。練習後は厚澤コーチからクイックの練習もやっていこうと声を掛けられる。

米時代ほとんど投げていなかったチェンジアップを投げて左打者の武器にしてほしい。

あとは、クイックの技術を!

 

B 斎藤がバッティングピッチャーに登板。王、大田相手に安打性を9本浴び、王には2被弾。新球カーブもスピン不足が露呈。

球速は105キロと緩急をつけられているだけに、精度を上げてほしい。

 

B 中島が左膝の違和感で全体練習を外れ、8日から国頭合流が決定。開幕に間に合うか怪しくなりましたね…

 

B 驚愕!清宮が59スイングで21本の柵越え。15日の紅白戦で初実戦か。

 

B 有原が初めて捕手を座らせて31球。2日に1回のペースでブルペン入りする予定。初実戦は16日のヤクルト戦。

 

C 上沢が4日以来、休養を1日挟んでブルペン入り。捕手を立たせて20球、変化球も投じた。この日、26回目の誕生日を迎え、復活を誓った。

 

C 黒羽根が国頭から一軍に合流。

 

f:id:AriharaOkoku:20200209121229j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈7日目〉

 

B 金子が回転数や回転軸がわかるラプソードを使用してブルペン。中継ぎ起用を見越して第3クール以降は連投予定。

頼むから先発で使ってくれ(笑)

 

B 同じ右サイド建山さんも絶賛の鈴木(健)がブルペンで安定の投球。軒並み、ブルペンをみた野球評論家の評価も高いので早く実戦で見たいですね。

 

B 清宮も安心の最新鋭機器投入。肘に直接、つけてキャッチボールを行うことですべての動きを数値化し、再発防止に努めるとのこと。

再発防止に全力で取り組んでてうれしいです。

 

B 石川(直)が、近藤相手にバッティングピッチャーで21球。安打性も3本に抑えた。145キロを計測。カーブも試すなど、調整は順調のよう。

 

C 田宮が黒羽根に代わって一軍キャンプ昇格。

 

C 今季の、ベースコーチが1塁 飯山コーチ、3塁 金子コーチに決定。

 

f:id:AriharaOkoku:20200209192408j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈8日目〉

 

A 心配されていた雨も上がり、初の実戦、紅白戦が行われる。

 

f:id:AriharaOkoku:20200210113500p:plain

 

ポジ要素

・西村の直球、スプリットが切れていたこと。去年の奪三振率を維持して勝ちパターン入りしてほしい。

・横尾、新フォームで2塁打。若干、スイングがコンパクトになってコンタクト率を上げた?感じ。

・福田の2種類のスライダーが切れきれでまだ粗さはあるが今年、一軍での登板もあるかも。

高濱本塁打支配下アピール。もともと打つほうはいいから続けて。

 

 

A 吉田がバッティングピッチャー。投げ終わった後の体のブレがなくなり今年、とても期待できると思います。力まないで出力を出す投球ができていました。変化球も確実に精度増してます。

 

 B 臀部化膿で別メニュー調整中だった北浦が初ブルペン。感覚はよかったみたいだが次の日はまたトレーナー管理に入っていた。

焦る必要はないが期待の若手だけに田中とともに早く見たいところ…

 

B 立野が、清宮相手にバッティングピッチャー。清宮相手ということもあってか力が入り、被弾も許す。

直球に力はあってさすが、社会人卒の投手という感じ。

 

B 河野も黒羽根相手にバッティングピッチャー。低めへの制球がよく、実戦向けの投手だというイメージを受けた。6球種を試し、初実戦に向けて順調の調整となった。

 

f:id:AriharaOkoku:20200210121433j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈9日目〉

 

A 初の対外試合、阪神戦が宜野座で行われる。

 

www.nikkansports.com

 

*スコアなど詳細は上の記事をご覧ください。

 

ポジ要素

・斎藤の変化球が冴え、2回4奪三振無失点の好投。

すべての球速が10キロ遅い有原みたいな感じでスライダー、チェンジアップ、フォークすべて良かったです。カーブも試投。

・堀が新球シュートを試すなど上々の0封。

・横尾、万波、海老原がそろってアピールの2安打。

万波、海老原は直球に強く、直球ならある程度打てるという感じ。変化球への対応に期待。

 

B 上沢がキャンプ3度目のブルペン。80パーセントの力で投じても痛みもなく順調。焦らないことも本人が一番、自覚しており、ファンとしては安心しました。

6月復帰が目標。

 

 

f:id:AriharaOkoku:20200210121815j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以上、第2クールを振り返ってきましたが、練習試合は多くの選手がアピールに成功し、いい時間になったと思います。

 

あえて、ネガティブな要素を挙げるとしたら、中島選手が2軍合流、王選手の状態が上がらない、吉川選手がずっとトレーナ管理。こんなところでしょうか。

 

それでも、ここまで全体として順調に来ていると思います。

 

明日からの第3クールも頑張りましょう!

 

 

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

P.S  9日。中継ぎ登板って言われてた藤浪投手が不意打ちで先発してきて、右バッター並べてたスタメン見たときは戦慄が走りましたが大丈夫でした…